Flash Union Blog 恵本将文

デカアバカスのフリーリグ‼︎

2018-10-17 20:59:30

 

こんにちは、エモ兄です!

 

今回の釣行もデカアバカスのフリーリグが好調でした。

 

と、その前に14日(日)に弥栄湖で開催されたポットベリートーナメント通称PBTでチビアバカスがイイ仕事をしてくれたようです。

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/17

活躍したイベント限定カラーのチビアバカス!

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/17

写真左のデカイ魚を持ったデカイ人がチビアバカスのDS3.5gで岩盤絡みのディープフラットを攻略してBF賞となる1,685gのバスを釣ったノブリン!

※写真は本人fbより

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/17

※写真はPBTのHPより

 

http://www.potberry.jp/

 

釣り方は、シンカー着底後にワームが着底するまで待ってそこからバンピングさせながら広範囲を探っていったそうです。

 

チビアバカスは魚のサイズを選ばずよく釣れるワームです‼︎

 

イベント限定カラーですが、今月27、28日に開催されますバサーオールスタークラシックの会場に出展のフラッシュユニオンブースでお買い求めいただくことができますので皆さんよろしくお願いします。

 

そしてここからが私の釣行について!

 

約2ヶ月半ぶりの小規模リザーバーは釣れてないのか貸切状態でした。

 

水温は朝20.8℃〜21.8℃

 

北側から爆風が吹いているので風裏になる西のアームから釣り始めました。

 

この日もまずはフラッシュジャンパーから!

 

同船者のクニちゃんと2人で流していきましたが無反応。

 

ということで同じエリアを前回の釣行同様、私はデカアバカスのフリーリグ14gでクニちゃんはデカアバカスをバウヘッド10gにセットして攻めていきました。

 

なぜフリーリグを使ったかというと、前回の釣行で好反応だったのでフィールドが変わった場合はどうなのか?を知るためにです。

 

まずは垂直岩盤のちょっとした凹凸の部分に投げてフリーフォールさせていくと

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/17

1本目からナイスフィッシュが‼︎

 

次に垂直岩盤が続く途中にある岩盤の張り出し部分

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/17

水深は4mぐらいでヒット!

 

次はロードベッドから落ちるブレイクのショルダー

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/17

単発ですがグッドコンディションの魚ばかり!

 

バウヘッドを使っているクニちゃんはバイトが遠かったですが

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/17

50アップを釣りました!

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/17

バウヘッドのフックはデカアバカスに合わせるために5/0に交換してあります。

 

しかしバイトは続かず…

 

私の方は

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/17

緩やかな岩盤で!

 

それから

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/17

複数のスタンプが絡む岬!

 

そして

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/17

護岸の沖!

 

前回はゴールデングリパンが良かったですが今回はカラーに関係なく好反応でした。

 

釣り方ですが、何も難しいことはしていません。

 

最後の護岸沖の魚はファーストフォール後にリールをゆっくり巻いてスイミングで釣りました。

 

基本、ショア沿いの水中が見えなくなるぐらいの所にキャストしますが水の透明度や地形の傾斜角度によって当然、水深は異なります。

 

まずファーストフォールでアタリがないか?シンカー着底後にデカアバカスがノーシンカー状態でフォールするのを想像しながらバイトの有無、着底を待ちます。

 

私の場合、シンカーが着底してからだいたい10秒近く待ちます。

 

この間にラインが走るか、もしくは最初のワンアクションを入れる前に軽くロッドを動かして聞いてやると食っていることが多いです。

 

ファーストフォールの後で食ってない場合はまたリフト&フォールしたり、ズル引きしたりと私自身フリーリグを使い出して間もないのでそれぐらいのことしかしていません。

 

それだけで今のところデカアバカスのフリーリグはよく釣れています。

 

シンカーを最初から重い14gでやっているのはデカアバカスのフォールに緩急をつけたいからです。

 

重いシンカーで素早くデカアバカスをフォールさせていき、シンカー着底後はノーシンカー状態でゆっくりとフォールさせることによってデカアバカスの爪やテールの動きにも変化が起きます。

 

じつはこの日、釣り仲間が同フィールドに来て5gのフリーリグを試していたらしいのですがバイトが無いと苦しんでいました。

 

なので私が14gを使用していることを伝えてそれで変更してみるとヒットに繋がったようです。

 

この重いのがいつも良いのかはやり込んでみないとわかりませんが、現時点での私のフリーリグは重いシンカーを使って動きにメリハリをつけた方が良いように思います。

 

ちなみに前回の釣行ではバウヘッドでもバイト多数でしたが今回はバウヘッドとフリーリグで明らかにバイト数に差が出ました。

 

前回、バウヘッドは着底後にワンアクションでバイトが多発。

 

ということは底付近の魚が釣れていたと思われます。

 

今回は浮いていた魚が多かった為にフォールでアピールして食わせることができるフリーリグが特に良かったのかなと。

 

しかしフリーリグはボトムでシンカーと引っ付いてしまえば直リグのようになりボトムの魚も狙えるのでかなり便利なリグだと思います。

 

このリグに、ボディーにボリュームがあり各パーツがそれぞれよく動いてアピールしてくれるデカアバカスはとても相性が良いのと前述のチビアバカスにしても中アバカスにしてもアバカス3兄弟はフィールドを選ばずよく釣れるワームなので皆さんも是非ホームフィールドで試してくださいm(_ _)m

 

使用タックル

フリーリグ

ルアー アバカスシャッド4.3

ロッド 66MH

リール 8.1

ライン バリバス ガノア アブソルート12lb

フック ノガレス フッキングマスターリミテッドエディション モンスタークラス5/0

シンカー 14g

 

 

abacus_shad_28abacus_shad_43

爆釣、デカアバカス‼︎

2018-10-10 20:03:56

こんにちは、エモ兄です!

 

日曜日に釣り仲間と久しぶりとなるリザーバーへ行ってきました。

 

水温は私の魚探で24℃台

 

この日もまずはフラッシュジャンパー1/4ozでシャローからスピーディーにチェックしていくと

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/10

早々に立ち木が絡む、なだらかな岬の水深1mぐらいでヒット!

 

同じ岬で同船者がホグ系ワームのテキサスリグで1本。

 

それから流していき、また岬で

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/10

グッドコンディションのバス‼︎

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/10

カラーはジャンパーがクロキン、トレーラーのセルテイルがゴールデンシャッドでした。

 

そして3本目

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/10

ジャンパーでの今日1サイズ

 

このあと日差しが強くなりだしてから反応がなくなったので1/2ozでレンジを下げて探ってみましたがこの日はバイトを得られず。

 

ということでここからまず私はユニオンクローのキンテキリグ、スーパーダイレクションジグを撃っていきましたが無反応。

 

同船者は試してみたかったというバウヘッドにデカアバカスをセット!

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/10

 

フックをデカアバカスに合わせる為、5/0に交換していました。

 

※写真のデカアバカスはセット例として撮影したものでカラーはスジエビです。

 

コレを使って

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/10

いきなりナイスフィッシュ‼︎

 

カラーはカワエビでした。

 

使い方は岸に投げてフォール後に短いステイから一回素早くリフト!

 

バイトがなければ回収してまたキャスト。

 

これを繰り返してコレだけでこの日は結局2桁釣りました‼︎

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/10

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/10

この日はアベレージサイズがいろいろな岬でスクールになっており当たる所では2本〜3本続けて釣れました。

 

私は以前の釣行で試して反応が良かったデカアバカスのフリーリグをやってみました。

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/10

カラーはゴールデングリパン

 

14gのシンカーを素早く沈めてそこからデカアバカスのノーシンカー状態は各パーツとテールが水を噛みワイドな動きをしながらゆっくりフォール!

 

この最初のフォールでラインが走るか、もしくはフォール後のステイからのズル引きを始めてすぐにバイトがありました。

 

そして私もアベレージサイズを中心に久しぶりの2桁釣行となりました‼︎

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/10

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/10

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/10

釣れたのはグッドコンディションの魚ばかり。

 

同船者のクイックなアクションと私のスローなアクションどちらでも反応が良かったので釣り方がどうというより単純にデカアバカスへの反応が良かったという感じでしょうか(笑)

 

デカアバカスへの反応が良いので途中またユニオンクローのキンテキやスーパーダイレクションジグ、同船者はフットボールラバージグやライトリグなんかを投入してデカアバカスとの違いを確かめたりもしたのですが、なかなかバイトが得られないのでデカアバカスにチェンジするとまた釣れてしまうという具合でした。

 

そして後日、釣り仲間のドイザー輩達さん(笑) いや笑ってはいけません恐ろしい人です、年下やけど(冷汗) が同フィールドへ行き

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/10

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/10

スーパーダイレクションジグにデカアバカスをセットしてドイザーさん、ナイスフィッシュで〜す!

 

コレで2本釣ったそうです。

 

しかし以降なかなかバイトが得られないということでドイザーさんもデカアバカスのフリーリグにチェンジしたらしく、すると

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/10

ナイスフィッシュでこのドヤ顔ですよ!

 

男前ですね〜(≧∇≦)

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/10

 

結局、ドイザーさんはフリーリグにチェンジしてから6本、計8本で納竿となったそうです。

 

デカアバカス、爆釣です‼︎

 

皆さんも次回釣行にはデカアバカスをお忘れなく。

 

私のオススメはよく釣れたのでフリーリグですが、他にもテキサス、キャロ、ダウンショットやチャターのトレーラーもアリなのでいろいろ試してみてください(^o^)/

 

 

使用タックル

フラッシュジャンパー1/4oz

トレーラー フラッシュセルテイル

ロッド 66M

リール 6.2

ライン ノガレス デッドオアアライブプレミアム パワースタウト12lb

 

アバカスシャッド4.3 フリーリグ

ロッド 66MH

リール 8.1

ライン バリバス ガノア アブソルート12lb

フック ノガレス フッキングマスター リミテッドエディション モンスタークラス5/0

シンカー 14g

abacus_shad_43flash_jumperflash_jumper

FジャンパーとSダイレクションジグ

2018-10-02 05:05:18

こんにちは、エモ兄です!

 

先日のリザーバー釣行ですが気温も水温も下がりスッカリ秋めいて来たので横の動きに対する魚の反応を見るべくフラッシュジャンパーを巻いてみました。

 

そしてこの日は雨というか最近の釣行は毎回雨降りなのですが期待するほどの雨パワーは感じられず。

 

まず最初に1/4ozでシャローレンジ水深50㎝ぐらいまでを引いていきました。

 

1/4ozを使う理由としてはフラッシュジャンパーの特徴であるハイピッチ設計でゆっくり巻いてもブレードは小刻みに動いてその振動がキッチリ手元に伝わってくることと3/8oz、1/2ozに比べて軽いので同じリトリーブスピードでも浅いレンジを引いてこれるのでまずは1/4ozからです。

 

1/4ozは軽いから飛距離が出ないと思われるかもしれませんがセルテイルと組み合わせることによって私のオールドタックル(笑)でも十分飛びます。

 

この1/4ozで流していくと35㎝ぐらいの魚が釣れましたが今回はデカバス狙いということで写真は無しです!

 

そしてこの1本からデカイのを釣る為にはもっとアピールを増したほうがいいかも⁉︎ということでブレードもシルエットも大きくなり当然、水押しや波動も強くなる1/2ozにチェンジしました。

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/02

写真右が1/4ozで左が1/2oz

 

ただ、レンジは変えたくなかったので1/4ozに比べてリトリーブスピードが速くなりますがそれにより自発的千鳥効果も増大でアピール力抜群です。

 

すると

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/02

岩盤の凹凸からグッドサイズが出てきました‼︎

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/02

カラーはジャンパーがブルーバックチャート、セルテイルがチャートシャイナーです。

 

それからレイダウンの際や岬の先端を通すと写真の魚よりデカイ魚など3本ヒットしましたが全てランディングをミスるという悲しい結果に。

 

しかし、巻きのシーズン到来ということで楽しむことができました!

 

もうひとつ良かったのがスーパーダイレクションジグ+ユニオンクロー!

 

風と水流によってできた小さなチップカバー、その岸際に撃ち込むと

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/02

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/02

この日の最大魚!

 

ラインは低伸度で根ズレに強いバリバスのガノア アブソルート12lbでしたがヘビーカバーでないかぎりラインブレイクの心配など問題なくバスをカバーから引きずり出せるので安心してやりとりできました。

 

それから同様に攻めていき

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/02

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/02

もう1本50アップを追加することができました。

 

Flashunion 恵本将文 ブログ写真 2018/10/02

 

私の場合、スーパーダイレクションジグのガードはよほど濃いカバーを撃つ以外はスナッグレス性能よりフッキング重視でカットして本数を3本または4本にしています。

 

スーパーダイレクションジグはその形状とバランスからガレ場など根掛かりの多い場所で使用して仮にスタックしてもロッドティップを小刻みに振って弾くようにするか、最悪根掛かりした場所の真上まで行けばほぼ回収できます。

 

※スタックを回避した直後にバイトチャンスの可能性アリなので要注意です‼︎

 

回収できるということは、なくならないということで同じ物を使い続けて一個のジグで沢山の魚を釣るようになりますが、スーパーダイレクションジグのフックはノガレスの強靭なフックが採用されていて尚且つ錆止めとフッ素コートがされているので簡単にフックポイントが甘くなることもなく傷まずに長く使用することができます。

 

ちなみにフラッシュジャンパーにも同じノガレスのフックが採用されています。

 

フットボールは根掛かりやすいから嫌いで使わないという方は騙されたと思って一度スーパーダイレクションジグを使ってみてください。

 

騙しません(笑)

 

あっ、それとフラッシュジャンパーのトレーラーのセルテイルですが、千鳥アクション重視の場合はテイルのくびれから先をカットするのをお忘れなく(^o^)/

 

 

使用タックル

フラッシュジャンパー

ロッド 1/4oz 66M、1/2oz 68MH

リール 6.2、6.3

ライン デッドオアアライブ プレミアム パワースタウト12lb

トレーラー フラッシュセルテイル

 

スーパーダイレクションジグ14g

ロッド 66MH

リール 6.3

ライン バリバス ガノア アブソルート12lb

トレーラー ユニオンクロー