Flash Union Blog 高梨洋平

早明浦戦タックルセッティング&影の功労者

2016-04-18 00:00:00

ディープクランキングとユニオンスイマーーで戦い抜いた先日のTOP50早明浦戦。
特にボトムノックでリアクションバイトさせるクランキングパターンはタックルセッティングを間違うとバラし地獄となる危険性があるため、タックルセッティングはバチバチに決める必要がありました。

今回僕がディープクランキング使用したタックルは、それを行うには少々柔らかめなブラックウィドウ 65L-T〔マルチフィネス〕にデッドオアアライブ プレミアム パワースタウト 12ポンド。
そして影の功労者となったのは、モーリス初のトリプルフック、ノガレス ゼロフリクション トリプルフックでした。

このクランキングによるボトムノックリアクションパターンでミスを無くすためタックルセッティング全体に求められる性能は、バスの口にフックが掛かる率を上げるロッドの掛けしろ。
浅掛かりを想定したバスのファイトに対するロッドの追従性。
柔らかめのロッドを使用した一瞬のリアクションバイトでもバスの口にトリプルフックをバーブまで刺す、フックの貫通性能。
岩に当てまくる、フックにとっては過酷な使用環境でも、貫通性能を維持させるフックポイント(針先)の硬さ、耐久性。
巻物をする上での扱いやすい適度なしなやかさと、ガレ場ハードボトムにラインを擦ってもちょっとやそっとでは強度が落ちない耐摩耗性能を兼ね備えたデッドオアアライブ12ポンド。

これらの性能を満たし、最終日の2本目をバラした以外は全てのバスを完璧なノーミスで獲り続けられたのが、上記のタックルセッティングでした。
(最後の最後に表彰台が懸かった魚をバラしたあたりが持ってなかったけど。でも、防ぎようがない、仕方ないバラしでした)

このセッティングに辿り着く前段階の練習時では5本掛けて3本バラしてました。
いかにタックルセッティングが重要かを物語っています。
特にフックとロッド。ゼロフリクショントリプルフックは、岩に当てまくる過酷な使用環境下で、外掛かりや皮2~3枚といった際どい場所でも確実にバスの口を捕らえ、ブラックウィドウ65L-T〔マルチフィネス〕が確実にランディングまで導いてくれました。

このセッティングに辿り着いてなかったら、間違いなく順位はもう少し下だったでしょう。