Flash Union Blog 高梨洋平

キモは中層

2015-09-24 00:00:00

マスターズ野尻湖戦のプリプラクティスから帰って、1週間ぶりの桧原湖です。

激タフだった1週間ぶりの桧原湖。
食わせ所は圧倒的に中層。ボトムをやっているとバイト数は半分以下でした。

ネタはやはりフラッシュストレート4.3インチのテールだけネコリグ。
同じ中層でも、ロングリーダーダウンショットやライトキャロのスイミング等はNG。
ネコリグのスイミングでバスに「ボトムに追い込ませた」と思わせるのが最大のキモです。

フラッシュストレートテールだけネコリグ中層攻略

2015-09-04 00:00:00

ここ2週間程の秋雨と減水により一気に秋めいてきている桧原湖。
夏はプロトのフラッシュストレート2.2インチのロングリーダーダウンショットを使ったステイや超スローなずる引きがメインでしたが、いよいよ横方向に追わせて食わせる秋の釣りが炸裂して来ました。

ここで使うのは、フラッシュストレート4.3のテールだけを使ったネコリグ。
昔からやっている釣りですが、4.3インチのテールはこの釣りにはベストマッチです。
プロトの2.2インチでも良いのですが、2.2インチをネコリグで使うのは、ほぼボトムがメイン。
上下左右何もない、ある意味広大な中層を泳がせて使うには、2.2インチだと存在感の不足が拭えないため、ボリュームがあり絶妙なバイブレーションを発生させられる4.3インチのテールのみを使用します。

カットする位置は、クビレより2~3関節上。ここが一番ボリューム的にもちょうど良いし、シルエットが美しくなります。
飛距離を出しやすいのもこれの取り柄。バンクのサイトでも威力を発揮しますね。
また、上の写真のように、フックを刺す位置によって姿勢やバイブレーションの強弱は調整出来ます。

ボディーが切れてしまったフラッシュストレートは、こうしても使えるので、捨てる前にテールだけは切って残しておいて下さい(笑)
ちなみに切ったボディーは夏場の沈める虫パターン用として使えます。

使うラインはデッドオアアライブプレミアムか、エリアマスターリミテッドの1~2ポンド。ネイルシンカーは0.3~0.9gを使用します。
ネイルシンカーは重心を一点集中出来、余計な突起物がないワンナップシンカーが好きです。
ただし、ネイルシンカーの形状(長さと細さ)によってフォールの質を変える事は出来そうなので、これからいろいろ試してみます。

基本はボトムを取ってからの大きくゆっくりとしたリフト&フォール。バスの浮き具合や追い方次第で、着水直後からカーブフォールで泳がせたり、リフトした後に水平スイミングを始めたり、2段リフトしたりと、使い方は様々です。
極軽いシンカーを使ったフリーフォールで食わせる事も出来ます。

専用のタックルを組む必要はありますが、これが出来ると人とは違う魚を釣れます。
ディープのネコリグは少々難易度高めですが、ダウンショットやスモラバトレーラー等、フラッシュストレートのテールの活用方法は様々。
ボディーが裂けただけで捨てるのはもったいないです。
ディープの中層攻略専用ウエポンとしてテールだけ販売してほしいくらいですから(笑)