Warning: getimagesize(https:https://www.flash-union.jp/default_ogp.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/2/flashunion/web/common_modules/header2018.php on line 63
2015-11 高梨洋平 FLASH UNION

Flash Union Blog 高梨洋平

エビ、ゴリ食い最強!

2015-11-13 00:00:00

桧原湖はもう初冬となり、バス釣りシーズンもほぼ終了。
毎年10月末~11月ともなると、桧原湖のスモールマウスはワカサギを追う事が少なくなり、メインベイトはエビ、ゴリ系へとシフトして行きます。

そしてバスのポジションもボトムベタベタになる事が増えて来るため、必然的にボトムを意識する釣りが増えて来ます。

そんなここ最近の桧原湖のディープでプロトのフラッシュストレート2.2インチが相変わらず強烈な食わせ能力を見せています。
ボトムのエビ、ゴリ食いバスを狙うため、リグはデスロックワイド♯4を使ったワッキー掛けショートリーダーダウンショット。
これが圧倒的に食います。
また、この時期は食わせの釣りはスーパーショートバイトが多発する季節のため、フックはデスロックワイドが絶対です。

マイクロエビ系ワームのライトキャロでも、他のストレートワームでもスーパーショートバイト多発の中、このフラッシュストレート2.2のショートリーダーダウンショットは丸呑みバイトが多発。
この時期は少しでもリグやルアー、目線が合わないと本当にショートバイト地獄となります。

もともと、ワッキー掛けショートリーダーダウンショットやネコリグはエビ、ゴリ食いのバスに良く効きますが、このフラッシュストレートはやはり圧倒的に食いますね。
ロッドワークで全身をピリピリと震わせる「よく動くけど、大き過ぎず細かく動く」フラッシュストレートの動きは、頭掛けでもワッキー掛けでも変わりません。

桧原湖のディープのスモールマウス相手なのでこの2.2インチを使いますが、エビ等甲殻類食いのバスにネコリグ、ワッキー掛けのリグが良く効くのはラージでも一緒なので、皆さんもやってみて下さいね。

ゴン太ビッグスモールマウス!

2015-11-10 00:00:00

発売したてのユニオンスイマー
これはビッグフィッシュ率が高いジャークベイトですね。
ジャーク&惰性スイムでバンクからビッグスモールマウスを浮かせて本気食いさせました。

ボディーショットやネイルシンカーを使い、その刺し所でボディーバランスを変える事で、ダートの質を変える事が出来ます。

このバスは、ユニオンスイマーの前と後ろ、それぞれにネイルシンカーを挿入しスローシンキングにし、更に若干後ろを重くし後方重心にする事でユニオンスイマー本来の潜るダートではなく、水面に向かって浮き上がるダート~レンジキープダートをするように調節して食わせました。
(それでもフォール姿勢は前傾になります)

バスにとって、水面やボトムはエサを追い込み易い狩り場。
水面下数十cmを泳ぐユニオンスイマーにバスがチェイスし、そこで水面に向かって逃げるダートを入れる事で、バスにとっては「逃げる!けど追い込み易いからチャンス!!」と思わせて襲わせます。

このバランスだと、ダートとダートの間の惰性スイムの姿勢が水平近くなり美しいのも良いですね。
もちろん、サスペンドチューンも面白いと思います。
バランスを少しだけ変える事で多彩な技を効かせられます。上手く使い分けたら、究極の武器になるかもしれません。